丸の内はんにゃ会 (元)仏教OLの日記

ある日突然、仏教にはまってしまった! お坊さんカッコイイ! お寺って楽しい! 仏教と和の文化にまつわる情報をお届けします。
…ただいま子育て中につき、OLは休眠中、ライターとして活動中です。しかーし! はんにゃ会の活動はたゆまず続けていきまーす!
<< 卑弥呼んち | TOP | 仏像がほしい >>
天平時代・奈良時代の衣装を作ろう!!

持統天皇を主人公にしたマンガ「天上の虹」を読んでから、飛鳥時代と奈良
にはまってしまったわたくし、長年の夢は「マイ・天平衣装」を持つことで
した。

2年前の3月に、はんにゃ会のみなさんと「平城遷都1300年記念イベン
ト」
のお手伝いをさせていただき、夢の天平衣装をまとってから、ますます
その欲望がめらめらと…。

天平衣装 奈良時代の衣装

↑ 平城京フォーラムでお手伝いしたときの写真。薬師寺の安田前管主さんと♪
  袖とスカートが長いけど、今の着物やもちろん十二単なんかと比べても活動的で
  動きやすい服装だったんですねー。

そんなわけで、苦節2年、
ついに天平衣装を作る教室を開催するに至りました〜! 

いきなりメールを送って協力要請をした私に快くお力を貸してくだ
さった日本ヴォーグ社の足立さん
予算のない中、生地選びからパターン起こしまでお付き合いいただいた
講師の伊藤みちよさん

そしてスイス製の高級ミシンメーカー「ベル二ナジャパン」の商品を無料でお貸しいただける
ウラガ・ソーイング・ジャパンさんのおかげでついに開催にこぎつけました。

◆仕入れた生地はこちら!
結構いい生地を破格値で仕入れられました〜!


シャツとパンツの生地
上の白いのは下袴。下のエンジはシャツ生地

スカート生地
スカートは、地紋が美しい色とりどりの生地を選びました

はごろもの生地
こちらははごろも。 フラッシュを焚いたら妖しく光ってしまいましたが、
光沢のあるきれいなブルーと、淡いベージュピンクです。

ベストの生地
特筆すべきはこの帯地のベスト!!
問屋さんで半端に残った生地をかき集めて、安く仕入れることができました!


平安時代の十二単は有名だけれど、奈良時代の天平衣装はもっと活動的で、
着やすい服だったんです。平城遷都1300年の記念の年に、マイ天平衣装
づくりに挑戦してみましょう!

あまり複雑な作りではないので「中学の家庭科以来、裁縫をしていない」と
いう方でもOKです。ぜひ気軽に参加してみてくださいね!

◇日時  2010年2月6日(土)・7日(日)・14日(日)
      6日(土)13:00〜16:00
      7日(日)10:00〜13:00
     14日(日)10:00〜13:00
     ※その日の課題が終われば、早くお帰りいただくことも可能です。
      規定の時間後も引き続き作業することもできます。

◇会場  奈良県代官山 iスタジオ
     http://qurl.com/y633y
     東急東横線「代官山」駅を出てすぐ
     ※代官山 iスタジオのショップは閉館しましたが、事務所フロア
      が残っており、今回は特別にセミナールームをお借りすること
      になりました。

◇講師  洋服作家 伊藤みちよさん
     http://home.c07.itscom.net/mayme/

◇協力  日本ヴォーグ社
     http://www.tezukuritown.com/

     ウラガ・ソーイング・プランニング
     http://quilt-eye.co.jp/

     財団法人日本手芸普及協会
     http://www.jhia.org/

     株式会社ベルニナジャパン
     http://www.bernina.co.jp/

◇参加費 講師料1800円+材料費5000円(合計6800円
     事前に銀行振込み。振り込み手数料は各自でご負担願います。
     振込み後のキャンセルではご返金できませんのでご了承ください。
     振込先は、参加者のみにメールでお知らせします。

◇持ち物 裁ちばさみ/糸切りばさみ/待ち針/紐通し(安全ピンでもOK)
     縫い針
 
◇定員  14名(先着順)

◇お申込みは
 etsuko☆m-hannya.com まで、☆印を@に変換して、
 メールで下記内容をお知らせください。
 (1)お名前(フルネーム。ハンドルネーム不可)
 (2)連絡先のお電話番号

お申込み、お待ちしていまーす!

| 奈良と飛鳥〜奈良時代 | 10:20 | comments(10) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
おーーーーー

すてきな衣装、なかなかおにあいですね・・・・・
やはり金山さんは、天平美人なんですね????

皆さんで、すばらしい衣装を作ってください・・
| しんいち | 2010/01/13 7:56 PM |
しんいちさま
恐れ入ります…。
こんなキレイな衣装を作れるかしら。
がんばりまーす!
| えつこ | 2010/01/13 11:04 PM |
すごーい! 楽しそう。
これは3日間で1セット衣装を作るお教室ってことですよね。
奈良県代官山iスタジオって、東京都なのですね。一瞬奈良県でやるのかと思っちゃいました。あは(^^;
それにしても凄いですねー。相変わらずえつこさんの行動力には感服です。
| よん | 2010/01/15 1:14 AM |
よんさま
そうそう、3日間で1セット…
3日間っていうのがハードル高いかなー。
よかったらご参加くださいねー。
| えつこ | 2010/01/15 8:21 PM |

はんにゃ会の皆様、結構気になってますね・・・
相撲の軍配のような長い団扇も作ると雰囲気出ますよね!!
だめかな???
| しんいち | 2010/01/15 9:54 PM |
はじめまして。面白そうですね。
出来た服で平城宮を歩かれたりすると楽しそうです。
相方が奈良時代風服?を作っていたので、思わず書き込んでしまいました。
| あかねだ | 2010/01/25 12:34 AM |
あかねださん
相方さんが奈良時代風の服を作っていらしたとは!
ぜひご一緒に、平城宮を歩きたいですね〜(^0^)
| えつこ | 2010/01/25 6:44 AM |
はじめまして。
「はがれん」ともうします。
(いきあたりばったりでつけたハンドルネームがそのままあだ名になりつつあります・・・)
「天平時代の衣装」の検索で、たまたまこちらにたどりつきました。

「天平衣装を作る教室」
え〜っっっ 
私も参加したかった!!!
大の天平衣装オタクの私としては見逃せない記事!!
しかし、大好きなならから主人の仕事の関係で長野に越してきて小さな子供がいるから、
どちらにせよ、多分参加は無理だっただろうな・・・

ともあれ、イベント主催は大変でしたでしょうね。
ご苦労様でした。
| はがれん | 2010/10/21 3:47 PM |
はじめてメールします。京都府京丹後市に在住の池部隆明といいます。
丹後の国と名前を付けて1300年になります。京丹後市ちりめん祭りというイベントを京丹後市がするのですが、ここは着物の素材である絹織物、丹後ちりめんの産地です。そこで1300年前の衣装を復元して祭りのパレードに出そうということになりました。池部がその係りになりまして、こちらのブログにたどり着きました。衣装をつくるアドバイスなどいただけたらと思いまして、ぶしつけではありますがメールをしました。ご連絡いただけるとありがたいですが、、、。
| いけべたかあき | 2013/02/16 5:12 PM |
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
| 萌音 | 2014/02/23 4:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bukkyo-ol.m-hannya.com/trackback/798679
トラックバック