丸の内はんにゃ会 (元)仏教OLの日記

ある日突然、仏教にはまってしまった! お坊さんカッコイイ! お寺って楽しい! 仏教と和の文化にまつわる情報をお届けします。
…ただいま子育て中につき、OLは休眠中、ライターとして活動中です。しかーし! はんにゃ会の活動はたゆまず続けていきまーす!
<< 田中ひろみさんの「奈良の仏像講座&写仏の会」 | TOP | 天平時代・奈良時代の衣装を作ろう!! >>
卑弥呼んち
 本日のNHKニュースウォッチ9からのネタ。
奈良県桜井市で、卑弥呼の宮殿か!? といわれる建築物の遺跡が見つかったそうな。

なんでも、一番大きい宮殿っぽい建物は「出雲大社スタイル」で、
その手前の建物は「伊勢神宮スタイル」だそうです。

邪馬台国はどこにあったのか、奈良か、九州か という論争は相変わらず続いているようですが、
こんな話聞いちゃうと奈良ラブの私としては

やっぱ卑弥呼んちは奈良でしょう〜! とふんぞり返ってしまいます。

いつかはっきりとしたことが分かる日が来るのでしょうか。
分からないのもまた楽し、ってこともあるんですが(^^)
| 奈良と飛鳥〜奈良時代 | 23:56 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
柱の穴の大きさでどうしてあんな形の建物が建っていたと
分かるのでしょうか????
吉野ヶ里遺跡の建物とイメージが違いますよね!!
ちょっとかっこよすぎないかな・・・?
| しんいち | 2009/11/12 11:01 PM |
桜井茶臼山古墳:国内最多の銅鏡確認 被葬者論争活発に

今回確認された鏡の中には、卑弥呼が中国・魏(ぎ)からもらった年
とされる「正始元年」(240年)の銘文が入った鏡もあった。

というニュースがありました。
なかなか更新されないブログにちょうどタイミングのいい記事でした。

| しんいち | 2010/01/09 4:37 PM |
はははは…すんませんサボってて。
これから過去の出来事も更新しまーす(^^;)
| えつこ | 2010/01/09 7:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bukkyo-ol.m-hannya.com/trackback/798678
トラックバック