丸の内はんにゃ会 (元)仏教OLの日記

ある日突然、仏教にはまってしまった! お坊さんカッコイイ! お寺って楽しい! 仏教と和の文化にまつわる情報をお届けします。
…ただいま子育て中につき、OLは休眠中、ライターとして活動中です。しかーし! はんにゃ会の活動はたゆまず続けていきまーす!
丸の内はんにゃ会の本「仏教女子入門」が発売されました!
 ついに! 丸の内はんにゃ会的なアプローチで仏教を楽しむ本

こころ安らぐ 「仏教女子」入門 が発売されました♪

こころ安らぐ 仏教女子入門

巻頭インタビューは、モデルのはなさん。
仏像にとっても詳しい彼女が、仏像の魅力を語ってくれました!

それから…

尼さん姿で修業をしたり

声明ライブを聞きにいったり

お坊さん業だけではなく、趣味や学業でがんばっている素敵なお坊さんにインタビューをしたり、

マンダラぬりえでカラーセラピーを受けたり

仏具でインテリアコーディネートをしたり

堅苦しく捕らえられがちな仏教に、カルチャー的なところから
アプローチしてみよう、という本です。

編集者のYさん、一緒に書いてくれたライターのあっこさん、
そしてお坊さんやお寺さん、仏具屋さんなど
皆さんが面白がってご協力くださったので、
今までにない、面白い一冊になったと思います。

ぜひ、書店で手にとってみてくださいね〜



| お寺・仏教・仏像 | 22:15 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
仏像がほしい
浅草仏壇通りにある 滝田商店さん に行ってきました。

棚には仏像がぎっしり… ステキすぎます。

仏像ぎっしり棚

お高いものは当然ウン十万、それ以上のものも取り寄せで買えます。
が…庶民に嬉しいのはこのあたりのラインナップ!

仏像15センチ

金ものに金めっき仏像。1万3980円〜。
一番左の聖観音さんで、高さは15センチくらい。
大きさもお手ごろですなー。

これがピッタリ入る厨子が1万5000円くらいなので、厨子とセットで3万以内で収まります。

ちなみに、中央の大日如来は1万7950円、左の阿弥陀さんは1万6270円。
お値段の違いは材料の量なのかな。


うむ〜 ほ…ほしい。

…と食いついていると、「白檀の木彫もありますよ〜」とカタログを出してくださいました。

むむむ…木彫もいいわね…!!!

でも、木彫はさすがに大量生産できないせいか、お値段もちょっとお高め。
私の守り本尊 虚空蔵菩薩 だと、17センチで約4万円くらい。
そのくらいの仏さまだったら、厨子もちょっとワンランクあげて…となると
お財布だけじゃなくて通帳にもご相談せねば…

「一生、大切にします」という覚悟でちょっと背伸びするか、
「今、身の丈にあったお値段で」と割り切るか、難しいところでございます。

今すぐ買えそうなのはコチラ。

仏像ミニ

ミニ守り本尊、虚空蔵菩薩。
仏像だけだと3820円也〜!

厨子とセットにしても1万3020円! こりゃお手ごろ!

ちなみに、「○○寺の○○像っぽいのがほしい」とオーダーも可能だそう。
それは、もう少しお金持ちになれたらね…。

滝田商店

滝田商店さん、お世話になりました〜!
ちょっと財布と相談してから出直しまーす。
| お寺・仏教・仏像 | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
天平時代・奈良時代の衣装を作ろう!!

持統天皇を主人公にしたマンガ「天上の虹」を読んでから、飛鳥時代と奈良
にはまってしまったわたくし、長年の夢は「マイ・天平衣装」を持つことで
した。

2年前の3月に、はんにゃ会のみなさんと「平城遷都1300年記念イベン
ト」
のお手伝いをさせていただき、夢の天平衣装をまとってから、ますます
その欲望がめらめらと…。

天平衣装 奈良時代の衣装

↑ 平城京フォーラムでお手伝いしたときの写真。薬師寺の安田前管主さんと♪
  袖とスカートが長いけど、今の着物やもちろん十二単なんかと比べても活動的で
  動きやすい服装だったんですねー。

そんなわけで、苦節2年、
ついに天平衣装を作る教室を開催するに至りました〜! 

いきなりメールを送って協力要請をした私に快くお力を貸してくだ
さった日本ヴォーグ社の足立さん
予算のない中、生地選びからパターン起こしまでお付き合いいただいた
講師の伊藤みちよさん

そしてスイス製の高級ミシンメーカー「ベル二ナジャパン」の商品を無料でお貸しいただける
ウラガ・ソーイング・ジャパンさんのおかげでついに開催にこぎつけました。

◆仕入れた生地はこちら!
結構いい生地を破格値で仕入れられました〜!


シャツとパンツの生地
上の白いのは下袴。下のエンジはシャツ生地

スカート生地
スカートは、地紋が美しい色とりどりの生地を選びました

はごろもの生地
こちらははごろも。 フラッシュを焚いたら妖しく光ってしまいましたが、
光沢のあるきれいなブルーと、淡いベージュピンクです。

ベストの生地
特筆すべきはこの帯地のベスト!!
問屋さんで半端に残った生地をかき集めて、安く仕入れることができました!


平安時代の十二単は有名だけれど、奈良時代の天平衣装はもっと活動的で、
着やすい服だったんです。平城遷都1300年の記念の年に、マイ天平衣装
づくりに挑戦してみましょう!

あまり複雑な作りではないので「中学の家庭科以来、裁縫をしていない」と
いう方でもOKです。ぜひ気軽に参加してみてくださいね!

◇日時  2010年2月6日(土)・7日(日)・14日(日)
      6日(土)13:00〜16:00
      7日(日)10:00〜13:00
     14日(日)10:00〜13:00
     ※その日の課題が終われば、早くお帰りいただくことも可能です。
      規定の時間後も引き続き作業することもできます。

◇会場  奈良県代官山 iスタジオ
     http://qurl.com/y633y
     東急東横線「代官山」駅を出てすぐ
     ※代官山 iスタジオのショップは閉館しましたが、事務所フロア
      が残っており、今回は特別にセミナールームをお借りすること
      になりました。

◇講師  洋服作家 伊藤みちよさん
     http://home.c07.itscom.net/mayme/

◇協力  日本ヴォーグ社
     http://www.tezukuritown.com/

     ウラガ・ソーイング・プランニング
     http://quilt-eye.co.jp/

     財団法人日本手芸普及協会
     http://www.jhia.org/

     株式会社ベルニナジャパン
     http://www.bernina.co.jp/

◇参加費 講師料1800円+材料費5000円(合計6800円
     事前に銀行振込み。振り込み手数料は各自でご負担願います。
     振込み後のキャンセルではご返金できませんのでご了承ください。
     振込先は、参加者のみにメールでお知らせします。

◇持ち物 裁ちばさみ/糸切りばさみ/待ち針/紐通し(安全ピンでもOK)
     縫い針
 
◇定員  14名(先着順)

◇お申込みは
 etsuko☆m-hannya.com まで、☆印を@に変換して、
 メールで下記内容をお知らせください。
 (1)お名前(フルネーム。ハンドルネーム不可)
 (2)連絡先のお電話番号

お申込み、お待ちしていまーす!

| 奈良と飛鳥〜奈良時代 | 10:20 | comments(10) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
卑弥呼んち
 本日のNHKニュースウォッチ9からのネタ。
奈良県桜井市で、卑弥呼の宮殿か!? といわれる建築物の遺跡が見つかったそうな。

なんでも、一番大きい宮殿っぽい建物は「出雲大社スタイル」で、
その手前の建物は「伊勢神宮スタイル」だそうです。

邪馬台国はどこにあったのか、奈良か、九州か という論争は相変わらず続いているようですが、
こんな話聞いちゃうと奈良ラブの私としては

やっぱ卑弥呼んちは奈良でしょう〜! とふんぞり返ってしまいます。

いつかはっきりとしたことが分かる日が来るのでしょうか。
分からないのもまた楽し、ってこともあるんですが(^^)
| 奈良と飛鳥〜奈良時代 | 23:56 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
田中ひろみさんの「奈良の仏像講座&写仏の会」
 日本橋にある奈良まほろば館と、丸の内はんにゃ会のコラボイベント、第一弾がスタートしました♪

今回は
田中ひろみさんの「奈良の仏像講座&写仏の会」 です。

雨の中、たくさんの方にお越しいただきました!

実は奈良まほろば館さんからコラボイベントのお話をいただいたときに、
「第一弾は田中ひろみさんに仏像講座をお願いしたい!」と思い、ご連絡したのです。

そうしたらなんとタイムリーなことに今月

「拝んでしあわせ 奈良の仏像100」
拝んでしあわせ 奈良の仏像100

という新刊が発売されるとのことだったので、
その本の中に使われている絵を写仏する、というのもお願いしちゃいました。

講座の中では、仏像のデザインの変遷や仏像の基礎知識、
奈良のイチオシ仏像のお話しなどをしていただきました。

写仏は、
・興福寺の阿修羅像
・薬師寺の日光菩薩&月光菩薩
・唐招提寺の千手観音
・法隆寺の釈迦三尊像


の4種から好きなものをひとつ選んで写仏。
細かいラインを一生懸命なぞって、仏画を完成させました!

「写仏って、写経と同じような感じで、
無心になって書いてると終わったあとになんだか気分がスッキリするよねー」

と言ってくれた方がいらっしゃいましたが、まさにそのとおり!?
皆さんスッキリしたお顔でお帰りになったようでした。

次回は11月、日本の神様について学ぶ講座を企画中。
後日ブログにも告知をUPしまーす!
| 丸の内はんにゃ会のイベント | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/10PAGES
  • >>